ホタルノヒカリ

オンラインゲームのトリックスターラブをやっています^^ その体験記やリアルの趣味など気の向くままに書いていこうと思いますw

プロフィール☆*゜

ほたる☆*゜

Author:ほたる☆*゜
Lv198 TM233
F鯖 メロディーで活動してます。
魔力極の光特化です。
モンクエのお手伝いとか大好きです^^
よろしくお願いします!


タイトル

キャラ名:黄月英☆*゜
Lv211 TM225
回避極のハイブリ猫です。
名前の由来は三国志の名軍師、諸葛亮孔明の奥方。
コウゲツエイと読みます。
芯が強く凛としたキャラにしたいと願い名前を頂きました。




タイトル
チズケ画伯作☆*゜

メールはこちら^o^

見てくれてありがとー^^

写真館☆*゜

お世話になってます☆*゜

トリスタブログがたくさん♪ トリックスターランキング
人気のブログランキング♪ トリスタ・ブログ
FC2ブログのランキング♪
いろいろ検索できます♪ トリックスター0 -ラブ-検索エンジン トリスタさーち
役だつ情報がいっぱい♪ トリックスターA
ブログやギルドのリンク集♪ トリックスター★ウェブリング
<< BACK * NEXT >>
RANDOM * LIST

トリスタニュース☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■ リバってなんだろう?【転】

こんにちは!
リバに関して私なりの考えを提起し、起承転結の流れで記事を書き進めている3回目の記事となります。

先に、【修正】 リバってなんだろう?にある記載事項ですが、説明が不十分で、誤解を与えてしまっていた箇所がありましたので再度修正を行いました。不快な思いをさせてしまったことにお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。
修正箇所は下記の通りです。
修正前)
「次からは声をかけてから攻めますね。」

という返事がありました。


修正後)
その方からは謝罪の言葉を頂いた後、

「次からは声をかけてから攻めますね。」


というお返事がありました。


となります。



今回はリバに関しての定義というものを考えてみたいと思います。

グレーゾーンとなっている、リバに関しての共通認識を私なりに考えてみました。結論となる定義に関しては最後にまとめます。


まず、リバ後を狙った攻撃は容認できないというのはみなさん一緒の考えだと思います。

では、リバ後に仲間と合流するまでの間に関してはどうでしょうか?

こちらは、状況により変わってくるものだと思います。例えば、相手チームの攻撃が続いている場所に向かって動くor相手が視認範囲内にいる状況でスキルを発動させるなどの、紛らわしい行動をしてしまった場合はリバされる可能性があり、また、それは復帰したキャラ側に落ち度があったと考えるべきと感じます。前回も述べましたが、【修正】 リバってなんだろう?の記事の1つ目の例では復帰したキャラの戻り方に問題があるということです。
ただ、攻撃側のチームも配慮が必要と感じます。
リバ後に合流するだろう場所での戦闘は、「リバ後のキャラがいるかもしれない」という危険予測をし配慮をするのがベターと考えます。また、その周辺での範囲攻撃、ピーラー、地雷などは避けるのが問題回避のためにも必要でしょう。みんなで注意を促しあっていければと思います。
頂いたご意見の中で、「身内に関してはリバ地いったら誰かが注意するように、相手方に関しては行過ぎたリバ地での戦闘があれば今後はそういう認識もあるんだよってとこを広げていければ」というお言葉がありました。まさにその通りだと思います。



次に、合流後にスキルを掛け合っている状況はどうでしょうか?

こちらに関しては、相手の状況を確認してからの攻撃がベターであると考えます。オープンチャットで「攻め込んでも大丈夫ですか?」などのコミュニケーションで解消できる範囲だと思います。そのあたりは各ギルドリーダーの采配力が求められるのではと思います。ランチェスター戦略のときに触れましたが、プレイングマネジャーによる統率というものが鍵になってきます。つまり、チームリーダーはチームメンバーの行動を律する役割もして、チームとしての質を高めることができる存在でもあるということです。
中には「今がチャンスだ、攻めよう」というメンバーがいるかもしれません。ただその意見を受け、相手に確認してからにしようとする状況判断力があるかどうか?そこがポイントになってきます。


そして、リバ後の攻撃自体が一概に「悪い」のではないということを強調させて頂きます。


つまり、

リバ後の攻撃は、操作を誤って攻撃してしまった可能性もあるし、リバに気づかずに攻撃してしまったこともあると思います。ですからリバ後の攻撃≠「悪」と考えるべきだと思います。私の導き出した考えは、リバ後の立ち振る舞い次第で「悪」になる可能性があるということです。
あ、意図的なリバ、悪意のあるリバに関してはどうなんですか?と思ってる方もいると思いますが、こちらはもうどうしようもないですね。人としてどうなの?となりますよねwこちらに関しては全員間違いなく賛同いただけると思います。

繰り返しますが、リバをしてしまった後の立ち振る舞いが重要で、それ如何では「最も悪い」=「最悪」になることもあるということです。


例えば
・リバを指摘された後に、その指摘を無視する

・リバを指摘された後に、その指摘を蹂躙する

・リバを指摘された後に、片道通行の意見を提案する


このような行動があった場合に、みなさんはどう感じるでしょうか?多くの方は不快感がさらに増してしまうのではと思います。

まずは、リバに関しての問題が発生した場合は、多少ならずとも不快感を与えたことに対しての謝罪が必要だと感じます。たとえ相手の指摘が勘違いであっても、真実が判明していない、分からない状況では、やはり先に謝罪をするのが適切と感じます。これはGvを楽しんでいく上で、必要最低限のコミュニケーション能力なのではと思います。「謝罪をしてそれを許す」という一つのプロセスでけじめをつけないと、その先には進むことができません。ここがズレてしてしまうと、ブレが生じて問題解決ができなくなります。また「人としてどうなの?」というゲーム以前の疑問に繋がってしまうのではと危惧しています。
「ごめん」というたった3文字ですが、とても大切な3文字だと思います。その3文字でGvを楽しめるかどうかが変わってくる場合もあるのだから。

リバをしてしまうのは仕方ないのです。ただ、その後の対応次第で180度変わってくるということです。






以上のことを踏まえて、私が導き出したリバの定義としては

リバが想定される状況下で生じる、相手に不快感を与える行為すべて

となります。ただし、上記の「不快感」はコミュニケーションで解消でき、その場合は該当しないものとします。

抽象的だなぁと感じる方もいると思いますが、幅が広い問題なので致し方ないと自分で妥協しております。

これを回避するように心がけていきませんか?というのが私の訴求内容です。心がけるだけでいいと思います。






「起」「承」「転」「結」の流れで記事を書いてきましたが、リバに関してはこれを最後にしたいと思います。


「結」は、これからの215制限のなかで、私を含めみんなで作り上げていけばいいなぁと考えているからです。


これからの未来が重要なんです!


だから、今までのことは反省として残して、前を向いていきたいと思ってるんです。


お互いが許しあうことができる状況ってすばらしいですよね。私は言葉遣いなどもきをつけていきたいと思います。


誤解を生む表現をしてたなぁと反省することが多々あります。。


だから、相手も人間なんだから、自分がされちゃいやなことは気をつけようと思ってます。


以前からもリバに関してのトラブルは多々あったと記憶しています。


でも、それ、一回水に流しませんか?というのが未来へ向けての締めの言葉です。


まずはそこからなんじゃないかと思います。



当初、この記事を書き終わったら引退しようと考えていました。新規参加者用のギルドを作る目標があったため、いろいろ装備も作っていたのですが、それは志を同じとする光龍さんに託して去ろうかと考えてたんです。
なんか疲れてしまってね。
でも、多くの方のメッセージ、熱い思いやご意見を受け、せっかくだから、逃げずにもっと自分の成長につなげたいと前向きに考えて継続していこうと思いました。


そういう気持ちで書いてきた内容です。偏った表現のところも多々あると思いますがご容赦ください。




ナルシストでSとMの両面を持つ私ですが、今後もよろしくお願いします^^


頂いたご意見などはオープンにしていきたいなぁ!コメントもらえるか分からんけどw

だめなようでしたら「見せちゃらめぇ~><」って記載をお願いします。

それ見てひとりで萌えることにしますw
スポンサーサイト

テーマ:トリックスター0(ラブ)
ジャンル:オンラインゲーム

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。