ホタルノヒカリ

オンラインゲームのトリックスターラブをやっています^^ その体験記やリアルの趣味など気の向くままに書いていこうと思いますw

プロフィール☆*゜

ほたる☆*゜

Author:ほたる☆*゜
Lv198 TM233
F鯖 メロディーで活動してます。
魔力極の光特化です。
モンクエのお手伝いとか大好きです^^
よろしくお願いします!


タイトル

キャラ名:黄月英☆*゜
Lv211 TM225
回避極のハイブリ猫です。
名前の由来は三国志の名軍師、諸葛亮孔明の奥方。
コウゲツエイと読みます。
芯が強く凛としたキャラにしたいと願い名前を頂きました。




タイトル
チズケ画伯作☆*゜

メールはこちら^o^

見てくれてありがとー^^

写真館☆*゜

お世話になってます☆*゜

トリスタブログがたくさん♪ トリックスターランキング
人気のブログランキング♪ トリスタ・ブログ
FC2ブログのランキング♪
いろいろ検索できます♪ トリックスター0 -ラブ-検索エンジン トリスタさーち
役だつ情報がいっぱい♪ トリックスターA
ブログやギルドのリンク集♪ トリックスター★ウェブリング
<< BACK * NEXT >>
RANDOM * LIST

トリスタニュース☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■弱者の戦略&強者の戦略 【前編】

こんばんは!るんるnほたるですw

朝晩が冷え込んできてすっかり秋になりましたねー^^

秋はおいしいものを食べて読書をして、ワインなんか飲んじゃって夢広がる季節♪冬眠に備える季節です♪♪



今日はGvで活用できる弱者の法則強者の法則について書いてみようと思います^^
私はGvで戦うときは戦略というものを考えながら戦ってみようと意識しているんですが、なかなかどうして、意識しているだけでぜんぜん活用できてませんww


ということであまり期待しないでねw


まず弱者の法則、強者の法則とは何かというと、経営戦略としても有名なランチェスター戦略にのっとった考え方で、弱者の戦略・強者の戦略のもとになる法則です。最近では様々な研修などで取り上げられることがあるので、大学生や働かれている方々はご存知の方も多いかもしれません。


どんな戦略か簡単に紹介すると、ランチェスターさんが第2次世界大戦での空中戦をシュミレーションすることで発見された法則です。以上!




・・・




超手抜きww





気を取り直して、その内容をハムスターを交えて紹介致しはむ^^


1.ランチェスター第一法則【弱者の法則】  
第一法則は,個対個の戦いで,一般に「一騎うちの法則」と呼ばれています。
例えば剣や刀で一人が一人を狙い撃つ,一騎うち型の兵器を使った戦いではいかに兵力が多くても、戦いは個対個、つまり一騎うちの積み上げにしかなりません。このような戦いは,初期兵力数の差によって勝敗が決まってしまいます。2000年以上昔に作られた孫子の兵法書などでも同じ考えが取り上げられてます。

ランチェスターさんは,このような一騎うち型の戦いを

H0-H=E(T0-T)  
  
 H0…H軍の初期兵力数
 H …H軍の残存数    
 E …武器の性能,腕前
 T0…T軍の初期兵力数
 T …T軍の残存数
 戦闘力=E×兵力数


このような式で表しました。
仮にE=1(武器の性能や腕前が同じ、トリスタでいうなら同じぐらいのレベル、武器で同じぐらいのプレーヤースキル)とすると,敵を全滅させるには,H0-H=T0,すなわち,H0-T0=Hとなります。


たとえば,武器性能などが変わらず,H軍(ほっぴぃチーム)5人とT軍(つくねチーム)3人が戦えば,3人はE(武器性能や能力)が同じなため,互いに相撃ちとなり,5-3=2で,T軍が全滅したときにH軍は二匹残る感じです。つまり,単純に兵力の多い方が,残って勝つということになります。この第一法則は,「弱者の戦略」の基本となります。

図で表すとこんな感じですw


左がほっぴぃ軍、右がつくね軍ですw
第一法則


つくねごめんね><;




2.ランチェスター第二法則【強者の法則】

第二法則とは集団対集団の戦いで,一般的には「確率戦闘の法則」とか「集中効果の法則」と呼ばれています。二乗効果がつくため,「二乗法則」とも呼ばれています。集団と集団の戦いでは,大砲や機関銃のような飛び道具が使われるため,戦いは広域的かつ確率的なものとなります。ランチェスターは,このような確率的な戦いを下記の式で表しました。

 (H0の二乗)-(Hの二乗)=E{(T0の二乗)-(Tの二乗)}

 H0…H軍の初期兵力数
 H …H軍の残存数    
 E …武器の性能,腕前
 T0…T軍の初期兵力数
 T …T軍の残存数
 戦闘力=E×兵力数の二乗


仮にE=1とすると,敵を全滅させるには
(H0の二乗)-(Hの二乗)=(T0の二乗)すなわち,(H0の二乗)-(T0の二乗)=(Hの二乗)となります。

いまいち分かりづらいと思いますので、またまた図にしてみましたw

左がほっぴぃ軍、右がつくね軍ですw
第2法則

ほっぴぃ軍1匹はつくね軍3匹のうち1匹を攻撃します。つくね軍1匹はほっぴぃ軍5匹のうち1匹を攻撃します。



なぜ二乗効果が発生するのかこの図をもとに噛み砕いて説明します^^


ほっぴぃチームの一人あたりが受けている攻撃量は
つくねチーム3匹の攻撃を5人で分散するので

強者1

となります。

つくねチームの一人あたりが受けている攻撃量は
ほっぴぃチーム5匹の攻撃を3人で分散するので

強者2

となります。

分母をあわせてみると
強者3

このようになります。

相手に与えるダメージの比は

9:25 、

つまり

つくね軍の兵士数の二乗ほっぴぃ軍の兵士数の二乗
という二乗効果が導き出せます。

第一法則だと戦闘後のほっぴぃ軍が2匹残る計算になるのに対し
第二法則だと戦闘後のほっぴぃ軍は4匹も残ることになります。


明らかに有利に戦闘を進めることができる第二法則ですが、それは強者が使った場合にかぎります。弱者がこの戦い方で戦闘を進めると、二乗効果のダメージを受けてしまうのです。

今私が参加しているギルドバトルでは、この第二法則での戦いが行われていると考えます。その為チーム間格差が生じやすい状況だと感じます。




そこで私(=弱者)はどう戦っていけばいいのか?っていつも考えてます。




いろいろ考えてみた結果は次回の日記で^^



P.S.(プレイステーション)

ほたるはほんの少しの間Gvを離れます。自身の弱さに気づいたから。
マイナスな気持ちではありません。前向きな気持ちで強くなるための旅に出ます。
またGv控え室に戻ってきます。それまで皆さんお元気で!
スポンサーサイト

テーマ:トリックスター0(ラブ)
ジャンル:オンラインゲーム

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。